シュートのブログ

自分の好きな事を書いてます。仮面ライダービルド成分多め。

仮面ライダーアマゾンズシーズン2観終えて

おはようございます!

 

昨日の夜に仮面ライダーアマゾンズシーズン2を一気観をしてしまいました!

今日は観終えての感想を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、千尋。アマゾンネオ格好良い。

メチャクチャ無双するような場面はなかったのですが、戦闘シーンも良かった。

千尋が覚醒したネオの素体??

あれはヤバイですね。

最後もアマゾンネオではなく、あの姿で戦っていたら、仁さんや悠に勝っていたのではないでしょうか??

でも千尋はアマゾンネオで戦ったのは、暴走する力ではなく、自分の意思のまま戦い、イユと一緒に生きたかったのかな。と思いました。

 

で、仁さんについて。

シーズン2は仁さん辛かったなぁ。

七羽さんと千尋を自分の手で倒さないといけないと思い結果、そうした事。

視力を失い(完全には失っていないみたい)、匂いで千尋を探し続けた。アマゾン達を全滅させると想いを持って。

これ映画の内容はどうなるのだろう。

悠との一騎打ちなのかな。

 

次は悠。

相変わらず蘇生能力ヤベェーイ!

仁さんとの一騎打ちで腹に穴空いても歩けるし、前作の主人公補正なのか強過ぎる…。

一度は千尋と七羽さんを逃したけど、結果千尋と戦う事になり、最後のは仁さんと共闘になるでいいのかな?

シーズン1の悩みまくっていた悠ではなく、ちゃんと自分の意思を貫いて、シーズン2は行動していて、悠の成長を感じました。

映画はまた悠が主人公なのでしょうか。

 

他(雑!)

万丈こと長瀬。

彼が唯一??千尋とイユに生きて欲しいと思ってた人物なのではないでしょうか。

容源性細胞やらうんぬん細かい事は万丈だからあまり理解出来てないはず(笑)ですが、2人を消そうとする大人達に真っ向から立ち向かっている姿、良い…。ただの?人間が千尋とイユを懸命に助けようとしたのは彼だけでした。

 

駆除班の皆さん。

のんちゃん相変わらず可愛い。

最後にボロボロのみんなでアマゾンを狙うシーンはベストシーンです。

そして、マモちゃんがアマゾンを庇う最後のシーンは倒されるなら駆除班の皆に。と思っていたからあの場面、アマゾンを庇ったのではないでしょうか。マモちゃん、彼も最後は立派な駆除班だと思いました。

 

局長

何考えているかわからないし、何よりしぶとい…(笑)最後観ていると彼は映画でも出るのでしょうね。

 

会長

ある意味アマゾンズで1番恐ろしいのかも。

映画でるの??

 

美月

シーズン1の弱々しい感じは全くなく立派な??4Cのメンバーに。

母親に「アマゾンを自分の手で倒したことある?」と言うシーン。彼女のこれまでの苦悩等を物語る言葉だと思います。

悠は彼女に倒されようとしますが、彼女は悠に「生きて…」と言う…。これが悠と美月の今後にどう影響するのか…。

 

 

映画ですが、近場?のは今週木曜日が最後みたいで、なおかつ朝1回の上映しかない…。

うぅ…、有給取って観に行くべきか…。

悩んでいます。